ロータスケータハムスーパーセブン

自動車基本情報

年式
平成11年10月
車両寸法
338x158x105㎝
カラー
グリーン/シルバー
排気量
1600cc
修復歴
なし
乗車定員
2名
車検
令和6年6月
走行距離
1,740km
ドア数
ドア
販売価格
3,950,000円

車両詳細情報

所有者歴
ハンドル
ミッション
5MT
駆動方式
FR
燃料
ガソリン
ディーラー車
ディーラー車

装備

エアバッグ
スライドドア
サンルーフ
パノラミックルーフ
ABS
エアコン
Wエアコン
リフトアップ
ダウンヒル
アシストコントロール
パワステ
パワーウィンドウ
盗難防止システム
アイドリングストップ
ドライブレコーダー
USB入力端子
Bluetooth接続
100V電源
クリーンディーゼル
センターデフロック
レンタカーアップ
展示・試乗車
電動格納ミラー

外装・内装

カーナビ
TV
ビジュアル
バックカメラ
後席モニター
フロントカメラ
全周囲カメラ
サイドカメラ
革シート
ハーフレザーシート
3列シート
ベンチシート
フルフラットシート
チップアップシート
電動格納サードシート
パワーシート
シートヒーター
シートエアコン
アルミホイール
ランフラットタイヤ
ETC
キーレスエントリー
スマートキー
リモコンキー
ウォークスルー
オットマン
LEDヘッドランプ
HID(キセノンライト)
ヘッドライト
ウォッシャー
電動リアゲート
エアロ
ローダウン
エアサスペンション
ルーフレール

自動運転

オートクルーズ
コントロール
レーダーアシスト
レーンアシスト
自動駐車システム
パークアシスト

安全装備エリア

横滑り防止装置
衝突安全ボディ
衝突被害軽減システム
クリアランスソナー
オートマチック
ハイビーム
オートライト
頸部衝撃緩和
ヘッドレスト

コメント

Kエンジンモデル

Caterham Superlight R5001991年発表。ローバーKシリーズエンジンを積むモデル。重量の軽減と共に、電子制御インジェクション化され、ヒーター配管の合理化が図られた。排気量は1.4L、1.6L、1.8Lと拡大され、スタンダードなKクラシックやロードスポーツの他、軽量化したスーパーライトシリーズが生まれた。サーキット走行に適したKレーシング(225ps)、そして1999年にKシリーズ最強モデルであるスーパーライトR500(230hp、のちに250hp)がデビューし、ニュルブルクリンク北コースで市販車最速ラップを更新した[7]。ちなみに、R500の名前は、1トンあたり500hpのパワーウェイトレシオを持つことに由来する。インジェクション世代で最も多くのバリエーションが用意されたのがROVER Kシリーズです。CATERHAMでは1400cc、1600cc、1800ccの排気量があり、さらに様々なチューニングが施されたモデルが存在します。LOTUS ELISEでも採用されたKシリーズの特長は、シンプルで軽量!と言う点です。インジェクションの採用によりメンテナンス性や始動性も大きく向上し、スーパーセブンがさらに身近なクルマになりました。

エンジン・燃料系

環境仕様

足回り系

駆動系